信用屋(闇金)

融資をお願いしたら「あなたの信用では貸せません。一度〇〇万円振り込めば信用が回復するので融資できます」といって振り込ませたら連絡ができなくなる闇金の手法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安易にキャッシングを使う前に、業者をそれぞれ比較することで、慎重に選択しましょう。

一番のポイントは金利となりますが、それだけでなく、お金を返す手段や延滞してしまった時の遅延損害金なども要確認です。

近ごろは、初めて利用する人に限り、一定期間は金利がないところもあるので、融資を受ける前に確認が必要です。

近ごろ巷では、スマホひとつで事足りる、暴力金融会社もでてきました。

必要になったらすぐスマホで申し込みができ、自分の写真(免許証など)を送信して、審査でOKがでたら、振り込みは自分の口座にしてくれます。

一六銀行専用アプリのある会社なら、必要な手続きが簡単に終わるでしょう。

親や親族からお金を借りる場合の印象が良く感じる言いまわしとして、1人暮らしをしている時に急に会社から解雇されて生活することが困難になったり、生活をしていく中で学費が底をついたりなどのどうしようもない理由を言う事です。

友人とのおつきあい費などの生活に不必要な言い訳を言う事は、避けるべきだと思います。

いわゆる無担保金融といえば銀行やクレジットカード会社、消費者金融などから融資をしてもらうことをいいます。

保証金は必要がなく、多様な返済方法が用意されており都合が良いので、利用する人は増えてきています。

用途を問わずに借り入れができますから、突然お金が必要になった時には助かりますね。

キャッシングで借りていたお金を毎月一度、返済していっています。

ですが先月、指定の口座に入金するのをつい忘れていたのです。

無担保金融会社から電話が掛かってきて、入金がなかったことを確認されました。

あくまでうっかりしていただけでお金がなかったのではないことを一生懸命、説明しました。

当然、自分が悪いからですが、遅延損害金を支払う結果になってしまいました。

審査に通りやすいキャッシング業者も中には存在しますが、審査を易しくしてくれる代わりに高金利だったり、返済手段が絞られていたりと、不利な条件も存在するでしょう。

そうだとしても、お金がなければ困る状況で審査を通りにくい業者からはお金を貸してもらえないのであれば、審査の甘い業者に頼むしかないでしょう。

キャッシングでお金を返すのが滞ると何がおこるかと言えば、借りた額に付く高い金利を支払う上に遅延損害金を払わされたり、もっと悪い場合は、ブラックリストに名前が記載されていまいます。

そんなことになってしまいそうな場合には金融会社に必ず申し出ることです。

キャッシングを行って三ヶ月支払いが滞ってしまうと、裁判での手続きを取らざるを得なくなってきます。

と書かれた書面が送られてくるのです。

支払いが滞っても、電話してくるだけなので、つい無視をして支払いを先延ばしにしてしまいがちです。

しかし、書面に裁判をいう文字があると、怖くて無視を決め込むことなどできはしません。